車査定一括査定プレミアム

車査定一括査定プレミアム@ランキング

車査定一括査定プレミアムの最新査定会社情報。

 

選んでおけば間違いのない、車査定会社をランキング形式でまとめました。どのサイトも無料です。

 

車の売却で損しないためにも、複数申し込んだほうが査定額UPが期待できます。

 

車査定一括査定プレミアム1位

ズバット車買取 >>公式サイトはこちら<<
ズバット車買取 ウェブクルーの運営する車買取・査定サイトのズバット。

 

申し込みフォームも簡素化されており、スマホで簡単無料見積もりができちゃいます。

 

車を売るならズバット車買取で決まり!

価格 査定会社数 運営
無料 最大10社 ウェブクルー

車査定一括査定プレミアム2位

カービュー >>公式サイトはこちら<<
カービュー みんな大好き、みんカラを運営するカービューの車買取・査定サイトです。
価格 査定会社数 運営
無料 最大8社 カービュー

車査定一括査定プレミアム3位

カーセンサー >>公式サイトはこちら<<
カーセンサー 抜群の知名度。リクルートが運営するカーセンサーの車査定。
価格 査定会社数 運営
無料 - リクルート

車査定一括査定プレミアム@コラム

車査定一括査定プレミアム@コラム

自動車は見方を変えればひとつの資産です。不動産売買と同様、車を売却するときはそれなりの知識がないと損をします。

 

車の売却を以下のようにシンプルに考えてみます。

 

・車売却額=車そのものの価値×買い手の査定
実際は、売却額からもろもろ経費が引かれますが、これはどの場合でもほとんどかかるので割愛します。

 

さて、車を売る理由としては、買い替えや現金化(車がいらなくなったとか、お金に困っているとかなど)のいずれかが多いかと思います。
共通して売り手の気持ちは、『高く売りたい!』ではないでしょうか。

 

そのために売り手ができることを先程の式に当てはめて考えます。

 

車そのものの価値

簡単に言えば、この車の価値があがれば、高く売れます。当たり前だと思われるかもしれませんが、車を売ると決めてからこの価値を上げようとしてもあげることはほぼ無理です。

 

ディーラーなどでは各車種に買い取り査定時のルールが決められています。たとえば、色は黒だと+○万円とか言うように。

 

つまり、車の価値を売却時に高めておくためには、購入前から売却時に優位にたてる稼働かも見極めながら車種を選ぶことも重要です。

 

実際に私も車を購入する際に、他メーカーの類似車種でどちらにしようか迷っていました。

 

その時に最終的な決定材料となったのは中古車市場での年式&走行距離による価格の値下がり率です。

 

一方の車種は、少し予算が上がるが金額の下がり幅が低く、もう一方は安く購入できるけど値下がり幅は大きい。

 

買い換えを前提に考えた私は目の前の安さより、将来の価値に投資をしました。

 

買い手の査定

これは、簡単ですね。高く買い取ってくれるところへ売るのが一番お得です。極論、売ってお金が入ってくればアフターサービスなどは必要ありません。

 

近くのディーラー、一括査定、人気の自動車ショップなどたくさんの査定をとりましょう。

 

さて、お気づきになられたでしょうか?

 

売却を決めた時点を基準に、過去にやっておかなければいけないことと、未来で頑張ればなんとかなることの二つがあります。過去と今は変えられません。変えられるのは未来だけ。

 

車の売却を高くするためには、購入時点から売却を視野にいれた判断がとても大切だと言うことです。

車査定・売却の体験談

車査定の体験談

今から10年ほど前のことですが、会社から突然海外赴任の辞令がおりました。運悪く、その時は借金をしてアウディのA4て買ってからまだ1年しか経っていないころでした。

 

海外赴任は長い人で10年近くいく人がいますので、その時点で私には車を売却する選択肢しか残されていませんでした。いつもピカピカに磨いて、丁寧に乗っていた車を売却することは、とても心残りです。

 

しかし、車のために会社でのキャリアを無駄にすることはできません。車は帰国してから、もっとグレードの高いやつを買おうと自分に言い聞かせ、車買取専門店を何社か回ってみました。

 

だいたいどこも買値は一緒でしたが、一社だけまさに私が乗っている車種、グレードで、同じ色の車を探しているお客がいるので、すぐに売却できるのならば、市場価格よりも高く買ってもいいと連絡が入りました。

 

もちろん、私の車の程度がとても良かったのも幸いしました。そこでは、結局一般の買値よりも約20万円高く私の愛車を買ってくれることなりました。

 

また、海外赴任までの間、車がないと色々と不便になるので、代車を無料で1ヶ月ほど貸してもらえないかとゴネタところ、それも最終的にオッケーになりました。

 

愛車を売却することは本当に悲しいことでしたが、思っていたよりも良い価格で売却することができ、おまけに代車まで貸してもらえてとても満足でした。

 

クルマ買取 比べて最高値